剥けてしまったフローリング

今年になってから事務所の床がバリっと剥けてしまいました。

築20年を過ぎるとあちらこちら傷んでくるのは仕方が無い事で、逆によくここまで保ってくれたなと思います。

剥けてしまったフローリング

それから暫くこのまま放置しておいたのですが、いかんせんラワンの繊維がバラけて足の裏に刺さったりするので応急処置としてエポキシ接着剤で表面を固めておきました。

そのうち全面張り替えでもしましょうと考えていましたが、先日ふと思いついてしまった!

エポキシに塗装、しかもアイアンでアンティーク調にしてみてはと。

エポキシ&アイアン塗装

木と鉄のパッチワークの様で面白いのではと実践してみたところド・ストライク!

フローリング修理完了

更に剥けそうな範囲もあるので全体的にパッチワークするとより雰囲気が増すのではと期待してみたり。

一般のお客様には決して提案出来ない自宅ならではの補修業でした。

にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト